lunawings~フィルムと写真~

ローライフレックス3.5E2、EOS-3、LC-A+で撮影した、フィルム写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヤノン EOS-3の描写の癖

先日購入したキヤノンのフィルム一眼レフ、EOS-3ですが、
価格コムのレビューでは「露出アンダー気味に写る」と散々書かれています。
価格コムのレビューは投稿常連の主観が強かったりするので、それを承知で読んでいるのですが、
露出補正+1で撮った初撮りの写真を見て、「なるほど」と思った。
現在主流となっている、デジタルカメラでの明るい写真に見慣れているせいもあるかもしれませんが。

cosmos

flowers

flowers

water hyacinth

flowers

花は露出補正+2以上で撮るか、「少し明るめで」か「明るめで」で現像を依頼するか。
まずは、カメラとレンズとフィルムの写りの特徴と癖と、
天気や季節での描写の違いを知る事が先決。
シャープネスやフィルムによる色合いの違いなど、素の状態を知りたいので、
「花の写真なのでやわらめに」などの、オーダーはしません。

*Camera: Canon EOS-3 / Film: Lomography Color Negative 400 / Date:September, 2016*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。